富士額とm字はげって違うの? | 福岡で評判のAGA治療HARG療法ランキング比較 | 薄毛情報LABO

福岡で評判のAGA治療HARG療法クリニック情報 | 薄毛情報LABO > 基礎知識 > 富士額とm字はげって違うの?

富士額とm字はげって違うの?

富士額って皆さんご存知ですか?生え際の形がM字型になった額のことで、逆さになった富士の山のように見えることから富士額と呼ばれるようになりました。
この富士額、古来より美人の代名詞的な存在として知られていますが、よく見るとm字はげと形がとてもよく似ています。この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

富士額とm字はげの違い

結論を言うと、富士額とm字はげは明確に違います。両者を見分けるポイントは大きく分けて3つです。

1.富士額は元々その形、m字はげは薄毛が進行した結果

富士額は、生まれた時から額がM字型になっています。
対するm字はげは、元々はその人が本来持つ額の形だったのですが、薄毛が進行した結果、m字型になったのです。

2.富士額は毛の生え際が隆々としている、m字はげは生え際が薄い

両者の区別は、生え際を見ればわかります。富士額の場合は、生え際が結構しっかり揃っています。毛の状態も、健康な方ならツヤツヤとしているでしょう。
それに対し、m字はげの場合は、生え際が薄くなっていたり、左右のM字の頂点部分がどちらか片方だけ薄くなっていたりします。毛にハリやコシがなくなっている場合もよく見られます。

3.生え際が揃っていても……?

生え際が揃っていても、安心するのはまだ早いようです。m字はげ初期だと、生え際が後退するだけで抜け毛は目立たない場合もあります。その場合にチェックしたいのが剃り込み部分
額の両端の角度が深い剃り込みのようになっていたら、m字はげの可能性大です。

富士額が将来m字はげになる可能性は?

富士額の方が将来m字はげになる可能性はもちろんありますが、富士額の方が特別m字はげになる可能性が高いというわけではありません。富士額はあくまでも額の形のひとつです。逆に言えば、どんな額の形を持つ人でも、m字はげになる人はなるしならない人はなりません。
富士額の方もそうでない方も、薄毛の早期発見と早期対策を心掛けましょう。


薄毛治療
クリニックランキングはこちら