壮年性脱毛症とは?その原因と対策 | 福岡で評判のAGA治療HARG療法ランキング比較 | 薄毛情報LABO

福岡で評判のAGA治療HARG療法クリニック情報 | 薄毛情報LABO > 基礎知識 > 壮年性脱毛症とは?その原因と対策

壮年性脱毛症とは?その原因と対策

皆さんは、壮年性脱毛症という言葉を聞いたことがありますか?「壮年」と名がつくからには、比較的年配の方に現れる脱毛のようですが、いったいどのような脱毛症を指すのでしょうか。壮年性脱毛症に関する情報をまとめてみました。

壮年性脱毛症とAGAってどう違うの?

壮年性脱毛症とは、ズバリAGA(男性型脱毛症)の一部です。AGAが幅広い年齢に生じる脱毛症であることに対し、壮年性脱毛症は、AGAの中でも40代から50代の男性の場合を指します。10代から30代のAGAは、若年性脱毛症と呼ばれます。統計によると、40代50代の脱毛は、大半の場合が壮年性脱毛症に該当するそうです。
壮年性脱毛症もAGAと変わりないため、基本的な対策はAGAと同様です。

壮年性脱毛症の原因は遺伝!?

AGAもそうですが、壮年性脱毛症の場合、遺伝による影響が大きいと言われています。つまり両親に薄毛の人がいれば、その子も薄毛になる可能性が高いというわけです。
近年では、医療施設でAGAのリスクがどのくらいあるか遺伝子検査を受けることができるようにもなってきました。検査は自費になりますが、AGAの発症確率や薬が効くかどうかなどを知ることにより早めの対策も可能となるので、遺伝が気になる方は一度検査を受けてみるのも良いでしょう。

壮年性脱毛症は初期の対応が肝心

壮年性脱毛症は、残っている髪の毛がある状態なら、まだ毛根が残っているため対処をすることもできます。ですが、完全に抜けてしまった後では毛根も死んでしまっているので、元のようなふさふさの髪の毛に戻すことはできなくなってしまいます。
そのため、AGA・壮年性脱毛症は早め早めの対応が肝心です。生活習慣の改善や頭皮ケアはもちろんですが、できるだけ早いうちにクリニックで医師の診断を仰ぐこともおすすめします。何故ならば、自己流で何とかしようとしているうちに、薄毛が進行してしまい、手遅れになる可能性もあるからです。


薄毛治療
クリニックランキングはこちら