M字状の薄毛は治療しづらい?いえいえ、HARG療法なら大丈夫! | 福岡で評判のAGA治療HARG療法ランキング比較 | 薄毛情報LABO

福岡で評判のAGA治療HARG療法クリニック情報 | 薄毛情報LABO > 薄毛治療の期間 > M字状の薄毛は治療しづらい?いえいえ、HARG療法なら大丈夫!

M字状の薄毛は治療しづらい?いえいえ、HARG療法なら大丈夫!

M字状に進行する薄毛は、一般的気に治療しづらいと言われています。
それはナゼなのか?
そしてHARG療法で効果は得られるのか?
検証してみましょう。

M字薄毛が治療しづらいワケ、その1

M字薄毛の「場所」前頭部、それが、治療しづらいと言われている要因です。
皮膚には血管が張り巡らされ、その血管により栄養分が届けられ、皮膚の新陳代謝を促したり、発毛を促進する役目を担っているわけですが、前頭部にはそもそもの血管が最初から少なめ……という実情があります。
その上、頭皮の下には帽状腱膜というものがあり、それが加齢と共に固くなってくる。
これら二つの要因により血行不良が起こりやすく、「薄毛治療がしづらい」「効果が出にくい」と言われているのです。

M字薄毛が治療しづらいワケ、その2

M字薄毛は、男性型脱毛症の一種。男性ホルモンが影響し、発生する薄毛です。
この場合、早期に治療をスタートさせないと、効果の発揮できない治療法もいくつか存在するのは確か。
そのような過去の治療法により、「M字薄毛は治療がしづらい」という印象が強く残ってしまっているのだと思われます。

HARG療法と、M字薄毛

では、HARG療法だとM字薄毛に効果が期待できるのでしょうか?

答えは「YES」です。

HARG療法は、毛根にある成長因子に働きかけ、活性化させることで発毛を促しますので、血管が少なめの場所でも、帽状腱膜があっても、元々そこに毛が生えていたのであれば、発毛効果を生みだすことができます!

もちろん、薄毛の状態により、他の部位より時間がかかる場合は起こりえます。
しかしながら、HARG療法を治療するのは医療機関。医療機関では、治療の際、しっかりとした診察・診断が必須ですので、頭皮の状態を見て「必要」と感じた患者さまには、HARG療法だけでなく、血行不良を改善させる策や帽状腱膜の硬化を和らげる方法なども提案も行われます。
HARG療法と土台作り、双璧の対策で安心ですね。


薄毛治療
クリニックランキングはこちら